中年 オナニー やめられない

中年になってもオナニーがやめられない

 

中年になってもオナニーが一向にやめられないって人は
以外に多いです。

 

それも独身の男性だけに限ったことではなく、
既婚者で相手の女性がいるにもかかわらず、
オナニーをするのです。

 

結婚して性行為ができる状態でも
セックスよりもオナニーをする。

 

はたから見ると
ちょっと不思議かもしれませんが
オナニーとセックスは違います。

 

オナニーは相手がいなくても
自分のやりたいように自由に出来るので、
パートナーに気を遣わなくてもいいという
メリットがあります。

 

そういった理由でパートナーがいても
オナニーをするという人もいます。

 

 

純粋にオナニーをやめたいのに
やめられない中年の方もいます。

 

オナニーというのは
心身ともにかなりの影響を与える行為です。

 

オナニーは体力も消耗しますし、
表情にも覇気やヤル気が無くなってしまうので、
体力の下り坂に差し掛かってきた年齢だと
若い頃に比べてキツくなってきていませんか?

 

 

少しでもそう感じているのであれば
2日、3日と少しづつオナ禁をしていくことを
おすすめします。

 

 

寝起きの目覚めも良くなり、体力が有り余るほど
パワフルに体が動くように感じるはずです。

誰も教えてくれないオナニーの真実とは?

オナニー自体は害がないと思われがちですが、
終わった後にやってくる虚しさ、虚脱感、後悔は何なのでしょうか?


実は、オナニーをし続けることで、知らず知らずに
精子を浪費するだけでなく、さまざまなエネルギーを消費し、
人生において悪影響をもたらしているのです。

オナニー後の無気力化や虚脱感はそのサインの一つだったのです。


例えば、オナニーがどう人生にマイナスになるかというと…
  • 男性ホルモンの増加による薄毛、体毛の増加
  • 異性から遠ざけられる
  • モテないオーラが漂う
  • 考え方がネガティブになる
  • コミュニケーション能力の低下
  • 集中できなくなる
  • やる気がなくなる、無気力になる
  • 生身の女性を相手にできなくなる
  • …etc

誰も教えようとしませんが、
オナニーには様々な弊害、デメリットがあります。


逆にオナニーを制限(オナ禁)することでどうなるのか?

これと逆のことが起こります。


オナニーに関しては中学校の性教育でも、大人になっても
誰も教えてくれません。


オナニーの真実について興味のある方や、オナ禁が続かなくて悩んでいる方に
ぜひ参考にしていただきたいことがあります。


>> こちら




世界初のオナ禁スクール オナ禁アプリ