オナニー 毎日

ほぼ毎日してしまうという悩み

「毎日オナニーをしてしまう」と悩んでおられる方も少なくないのではないでしょうか?

 

「人間は習慣の生き物」と言われる通り、
毎日していることは、当たり前のように行動が習慣化されてしまうという特性があります。

 

 

例えば、歯磨きをするという習慣。

 

歯磨きはやらなければいけないという法律はありませんが、
幼い頃に教わって、毎日している内に、それをしないと気持ち悪いくらいに
行動が習慣化されてきます。

 

もちろんそうでない人もいますが、
一度習慣化された行動は変えにくいものです。

 

 

 

オナニーも然り

 

オナニーは特に快楽が伴う行動です。
それをすることで脳が気持ちいいと感じるために中毒性があります。

 

それゆえに、この気持ちが良い行動が習慣化されてしまうことで
オナニーを毎日してしまうという悩みから抜けにくくなるのです。

 

 

 

対策

 

オナニーをしないと眠れないというほどのレベルの人でも
今日からできる簡単な対策があります。

 

 

筋トレです

 

オナニーするということはかなり体力が有り余っている状態です。
ですから、オナニーできないほど身体を疲れきってさせてしまえば良いわけです。

 

筋トレは体力を消耗するのにはうってつけです。
肉体的にも男らしくなりますから、男性なら筋トレをするたびに
魅力的にもなり、一石二鳥です。

 

 

 

筋トレでなくてもいいのですが、
体を疲れさせることをさせてみてください。

 

それまでムラムラしていた気持ちがガラッと変わります。
まずは1日できたらOKです。

 

 

3日、一週間と目標を決めて少しづつ毎日のオナニー習慣から脱却していってください。
3週間オナ禁ができれば理想です。

 

なぜなら3週間続くと習慣化され、オナニーしないという習慣が完成するからです。

 

 

誰も教えてくれないオナニーの真実とは?

オナニー自体は害がないと思われがちですが、
終わった後にやってくる虚しさ、虚脱感、後悔は何なのでしょうか?


実は、オナニーをし続けることで、知らず知らずに
精子を浪費するだけでなく、さまざまなエネルギーを消費し、
人生において悪影響をもたらしているのです。

オナニー後の無気力化や虚脱感はそのサインの一つだったのです。


例えば、オナニーがどう人生にマイナスになるかというと…
  • 男性ホルモンの増加による薄毛、体毛の増加
  • 異性から遠ざけられる
  • モテないオーラが漂う
  • 考え方がネガティブになる
  • コミュニケーション能力の低下
  • 集中できなくなる
  • やる気がなくなる、無気力になる
  • 生身の女性を相手にできなくなる
  • …etc

誰も教えようとしませんが、
オナニーには様々な弊害、デメリットがあります。


逆にオナニーを制限(オナ禁)することでどうなるのか?

これと逆のことが起こります。


オナニーに関しては中学校の性教育でも、大人になっても
誰も教えてくれません。


オナニーの真実について興味のある方や、オナ禁が続かなくて悩んでいる方に
ぜひ参考にしていただきたいことがあります。


>> こちら




世界初のオナ禁スクール オナ禁アプリ