オナニー 無意識

なんとなくオナニーをしてしまっているという悩み

女性

「無意識の内にオナニーをしてしまっている」
そんなことがあるのでしょうか?

 

 

「自分の意思と裏腹に、手が勝手に動いてオナニーをしている!」という人は少ないと思いますが、ここではなんとなくしてしまっているという意味で無意識レベルのオナニーについてお話します。

 

 

 

人間の行動には意識して行動するものと無意識で行動するものの2種類があります。
これら2つの根本的な違いは目的を持っているかどうかです。

 

意識的にやる行動といえば、例えば試験勉強やスポーツなどのクラブ活動での練習などが分かりやすいと思います。試験に合格したいからやる、スポーツが上手くなりたいから練習するといった具合です。

 

これに対して無意識でやるのは、ただなんとなくやるというボーっとした理由でやるようなイメージですね。
オナニーに関しては一応、「気持ちいいからする」という快楽を求める理由がありますが、ただなんとなく、暇だからやっているという人も少なくありません。

 

ただなんとなくというのは、無意識でヤッてしまうほど、毎日の習慣になってしまっているレベルです。
日常的な習慣というのは、例えば「歯を磨く」「顔を洗う」といったやらないと気持ち悪い、やるのが当たり前の行動です。

 

 

 

オナニーは中毒性があるので、一度習慣がついてしまうとやめにくいものです。
意思が弱い人は特にそうでしょう。

 

オナニーをやると「やる気がでない」「覇気がない」「眠くなる」「ぼーっとする」「体力が減る」といったデメリットがあります。

 

 

 

無意識レベルで毎日のようにオナニーをしてしまっている人は特に注意しましょう。
オナニーをやめるには、自分がどんな状況でオナニーをしてしまっているか?というのを一度考えてみる必要があります。それを分かっていれば対策も考えられます。

 

例えば、「毎回スマホでオカズ動画を探しているのであれば、対策としてスマホを触らない」などです。またオナニーは一人でするもので誰も見られたくないものですので、一人になる状況を作らないというのもひとつの手です。

 

 

 

 

 


誰も教えてくれないオナニーの真実とは?

オナニー自体は害がないと思われがちですが、
終わった後にやってくる虚しさ、虚脱感、後悔は何なのでしょうか?


実は、オナニーをし続けることで、知らず知らずに
精子を浪費するだけでなく、さまざまなエネルギーを消費し、
人生において悪影響をもたらしているのです。

オナニー後の無気力化や虚脱感はそのサインの一つだったのです。


例えば、オナニーがどう人生にマイナスになるかというと…
  • 男性ホルモンの増加による薄毛、体毛の増加
  • 異性から遠ざけられる
  • モテないオーラが漂う
  • 考え方がネガティブになる
  • コミュニケーション能力の低下
  • 集中できなくなる
  • やる気がなくなる、無気力になる
  • 生身の女性を相手にできなくなる
  • …etc

誰も教えようとしませんが、
オナニーには様々な弊害、デメリットがあります。


逆にオナニーを制限(オナ禁)することでどうなるのか?

これと逆のことが起こります。


オナニーに関しては中学校の性教育でも、大人になっても
誰も教えてくれません。


オナニーの真実について興味のある方や、オナ禁が続かなくて悩んでいる方に
ぜひ参考にしていただきたいことがあります。


>> こちら




世界初のオナ禁スクール オナ禁アプリ