寝る前 オナニー

就寝前のベッドインオナニーをやめるための2つの原因と対策を知ろう

寝る前にオナニーしてしまうっていう悩み、あなたもありませんか?
私はよくありました。

 

 

それはどんな時かと自分で改めて考えてみました。
なんというか寝床に入って布団をかぶり、
さあ寝るぞって思ってなかなか寝付けない状態が続き、
頭の中でいろいろと考えてしまうんです。

 

 

1日を振り返ったり、こんなことしたいなとか、
あれするの忘れてたなとか、色んなことを考えます。

 

その中にエロいことがよく含まれていることがあり、
少しでもエロいことを考えてしまうとチンコがなんだか硬くなってくるんです。

 

 

( あ、もしかして今勃起してるかも? )
と思って手を股間に近づけてみると
案の定、勃起している訳です。

 

 

一度でも触ってしまうと、気持ち良くなってしまうので、
そこからシコシコとチンコを掴んだ手を前後に動かしてしまい、
オナニーを少しづつ始めてしまいます。

 

最終的には止まらなくなって
射精しないと気が済まなくなってしまいます。

 

 

特に寝る前にオナニーしてしまう原因として
ダメなポイントは2つあります。

 

  1. 少しでもエロを考えてしまう
  2. チンコを触る

 

 

対策としてはこの逆で、
エロいことを考えない、チンコを触らない、です。

 

特に触ってしまうと本当にアウトです。
心の中ではやめないと!と思っていても、
身体が言うことを聞いてくれません。

 

 

なので、いくらムラムラしても触らないようにして下さい

 

寝る前はオナニーしやすい環境が整っているので
気をつけて下さい。

 

それとエロ動画を探してしまわないように、
スマホも寝床には持ち込まないようにしましょう

 

無料アプリなどにはたいていエロ広告が貼り付けてあり、
それを見てしまうとムラムラしてしまいます。

 

 

以上気をつけて意識してみてください。

 

 

 

 

誰も教えてくれないオナニーの真実とは?

オナニー自体は害がないと思われがちですが、
終わった後にやってくる虚しさ、虚脱感、後悔は何なのでしょうか?


実は、オナニーをし続けることで、知らず知らずに
精子を浪費するだけでなく、さまざまなエネルギーを消費し、
人生において悪影響をもたらしているのです。

オナニー後の無気力化や虚脱感はそのサインの一つだったのです。


例えば、オナニーがどう人生にマイナスになるかというと…
  • 男性ホルモンの増加による薄毛、体毛の増加
  • 異性から遠ざけられる
  • モテないオーラが漂う
  • 考え方がネガティブになる
  • コミュニケーション能力の低下
  • 集中できなくなる
  • やる気がなくなる、無気力になる
  • 生身の女性を相手にできなくなる
  • …etc

誰も教えようとしませんが、
オナニーには様々な弊害、デメリットがあります。


逆にオナニーを制限(オナ禁)することでどうなるのか?

これと逆のことが起こります。


オナニーに関しては中学校の性教育でも、大人になっても
誰も教えてくれません。


オナニーの真実について興味のある方や、オナ禁が続かなくて悩んでいる方に
ぜひ参考にしていただきたいことがあります。


>> こちら




世界初のオナ禁スクール オナ禁アプリ