オナニー してしまう

オナニーしてしまうのは悪いことではないですが…

女性

 

「つい、オナニーをしてしまうんです。」

 

こんな悩みを持つ人は多いです。
これは中学生の男性の悩みです。

 

 

 

つい●●してしまうというのは、誰にでもあることです。

 

しかも、それが「気持ちいい」のであれば、人間はやってしまうのです。

 

「生物は快楽を求めて苦痛を避ける」と言われます。
楽しいこと、気持ちいいこと、嬉しい事は誰だって求めるものですし、
苦手なことやストレス、苦しいことをずっとやり続けられるものではありません。

 

オナニーも気持ちいいものなので、止められなくなるほどしてしまう場合もあります。

 

 

 

オナニーをするという自慰行為自体は必ずしも悪いことではありません。

 

人類が生き続けていくために、子孫を繁栄してくためにも
生殖行為(セックス)は必要なものですから、
その擬似行為である射精を伴うオナニーもまた必要なのです。

 

 

オナニーをやり始めるのは中学生になってからの場合が多いです。
その頃の中学生男子であれば、成長期ですから
毎日オナニーしているという人も珍しくありません。

 

 

これは、私個人の話ですが、尿検査の日の前日にオナニーをして翌朝の尿の中に精子が入っていて再検査になりました。

 

後日、地元の病院で再検査を受けたらまた精子が見つかって親にもバレてしまい、かなり恥ずかしい思いをしたことがあります。

 

尿検査の前日、当日はオナニーしないようにしましょう!
医者はハッキリ言うので、バレたらかなり恥ずかしいです。

 

 

 

男性であれば、毎日精子が睾丸(金玉)で作られ続けている訳ですから、
溜まった精子をオナニーなどで定期的に開放してあげるのは自然な行為です。

 

なのでオナニーしてしまうのは決して恥ずかしいことではありません。
やり過ぎると、やる気が無くなったり、集中できなくなるので、
やり過ぎないようにした方がいいでしょう。

 

何事もやり過ぎは良くないです。

 

 

 

 

 

 

 


誰も教えてくれないオナニーの真実とは?

オナニー自体は害がないと思われがちですが、
終わった後にやってくる虚しさ、虚脱感、後悔は何なのでしょうか?


実は、オナニーをし続けることで、知らず知らずに
精子を浪費するだけでなく、さまざまなエネルギーを消費し、
人生において悪影響をもたらしているのです。

オナニー後の無気力化や虚脱感はそのサインの一つだったのです。


例えば、オナニーがどう人生にマイナスになるかというと…
  • 男性ホルモンの増加による薄毛、体毛の増加
  • 異性から遠ざけられる
  • モテないオーラが漂う
  • 考え方がネガティブになる
  • コミュニケーション能力の低下
  • 集中できなくなる
  • やる気がなくなる、無気力になる
  • 生身の女性を相手にできなくなる
  • …etc

誰も教えようとしませんが、
オナニーには様々な弊害、デメリットがあります。


逆にオナニーを制限(オナ禁)することでどうなるのか?

これと逆のことが起こります。


オナニーに関しては中学校の性教育でも、大人になっても
誰も教えてくれません。


オナニーの真実について興味のある方や、オナ禁が続かなくて悩んでいる方に
ぜひ参考にしていただきたいことがあります。


>> こちら




世界初のオナ禁スクール オナ禁アプリ